初期中絶 経験者

初期中絶経験者のブログ〜私の体験談と中絶してからの日々〜

妊娠初期中絶手術を受けるとき、付き添いはしてもらうべきか?

読了までの目安時間:約 5分

 

中絶手術を受けるとき、パートナーや家族に付き添いしてもらうべきか一人で行くか…悩む人も多いと思います。

 

中期中絶と違い、初期中絶は手術自体も簡単だし短時間で終わります。

 

なので付き添いがいるのかいらないのか…微妙なところではあると思います。

 

 

今回は病院側の付き添いに関しての考え方・私が実際に中絶手術を受けて感じたことをまとめました。

 

これから初期中絶手術を受けようと思っている人の参考になれば幸いです。

 

 

初期中絶手術を受けるときの付き添いについて

まず、妊娠初期中絶手術においてパートナーや家族の付き添いは必須・強制ではありません。

 

なので付き添いで来てくれる人がいない…という場合でも心配しなくて大丈夫です。

 

 

付き添いした人の待つ場所・病院側からの対応ですが、これは病院によって異なります。

 

・患者と同じ部屋(手術後に運ばれる部屋)で待つことが可能

 

一般の待ち合いで待っていてもらう

 

・手術前の診察や前処置では付き添い可能だが、手術当日は朝一緒に来て迎えに来てもらう(当日は付き添い不可)

 

大きく分けるとこの3つです。

 

病院側の考え方によってこのあたりは違うので、自分が手術を受ける病院で事前に聞いておくと安心です。

 

ちなみに私が初期中絶手術をしたときは、彼に送り迎えをしてもらいました。

 

 

ただ、初期中絶手術でも術後しばらくは病院から帰れません。

 

麻酔が切れるのに時間がかかるので何時間かはベッドで寝ている状態です。

 

なので付き添いOKの場合でも、パートナーは長時間待つことになるというのは頭に入れておいたほうがいいです。

 

 

付き添いは必須ではないが帰りの迎えは必要

手術当日の付き添いは必須ではないですが、病院から帰るときは必ず誰かに迎えに来てもらうようにしましょう。

 

中絶手術後、帰るときはまだ麻酔から覚めたばっかりなので車の運転はできないんですね。。

 

なので、パートナーや家族に事前に迎えを頼んでおきましょう。

 

ちなみに初期中絶の場合、手術~麻酔が切れて帰れるまででだいたい2時間半ぐらいでした。

 

 

もし、迎えを頼めない場合は必ずタクシーなどを使って帰るようにしてください。

 

近いから歩いて帰る!という人もいるかもしれませんが…手術後はまだふらふらしているしすごく体も疲れています。

 

前日の夜から食事も摂ってないのでなおさらです。

 

無理はせず、ちゃんと迎えorタクシーで帰宅してください。

 

 

強制ではないが付き添いがあると安心

初期中絶手術において付き添いは必須ではないですが、やっぱり付き添いしてもらえると安心感があります。

 

私の場合は手術前の通院時からすべてパートナーが付き添い・送り迎えしてくれていましたが、あれがなかったらもっと精神的にきつかったと思います。

 

男の人は中絶手術をするのに病院に付き添うのは嫌…と思うかもしれません。

 

ですが、中絶という決断も2人で決めたことなのでできるかぎり付き添ってもらうべきだと思います。

 

 

中絶をするというだけでもつらいのに診察・前処置・手術すべて一人で行くというのはあまりにもつらすぎます。

 

中絶手術をするとただでさえ精神的に不安定な状態になるので、手術前から少しでもパートナーに支えてもらってください。

 

付き添いしてもらうことで、パートナーも中絶について深く考えれると思います。

 

タグ :    

妊娠初期中絶手術

妊娠初期中絶手術後、赤ちゃんは火葬される?【どう扱われるのか】

読了までの目安時間:約 8分

 

今回は妊娠初期中絶を終えたあとの赤ちゃんがどうなるのかについてまとめてみました。

 

私自身、初期中絶をする前は赤ちゃんの処置について気になっていたのでいろいろ調べていました。

 

同じような人の参考になれば幸いです。

 

 

初期中絶手術では赤ちゃんは火葬されません

いきなり結論から書きますが、、妊娠初期中絶手術では赤ちゃんが火葬されることはないです。

 

なのでもちろんお墓などもないです。

 

中絶手術で火葬が適用されるのは妊娠12週目以降の中期中絶手術になります。

 

この段階から法的には死産になるので、役所に死産届を出し、埋葬・火葬することが義務づけられています。

 

 

では12週未満ではどうなるの?ということですが、初期中絶では手術後に廃棄物として病院のほうで処理されます。

 

中絶した赤ちゃんを見ることはもちろんないですし、赤ちゃんの処置についても病院からは何も言われませんでした。

 

まず、初期中絶手術で出てきた赤ちゃんは原型を留めていないことがほとんどのようです。

 

バラバラになって出てくるので…。

 

 

週数によって扱いが違うことについて

この事実を知ったときは12週未満と12週以降、初期中絶と中期中絶でこんなにも扱いが違うんだ…と衝撃を受けました。

 

言い方は悪いですが、法的には12週未満の赤ちゃんはゴミ扱いのようです。

 

手術後は病院側で管理されて業者にまとめて出されます。

 

 

こうやって書いていても、本当に廃棄物扱いだな…と胸が苦しくなります。

 

同じ命に変わりはないのに、なんでこんなに扱いが違うんだろう…と思うとやるせないです。

 

 

ですが、法律でこう定められているので仕方がないです。

 

 

 

私の場合は11週目の終わりという本当にギリギリの状態で初期中絶をしたので、余計に考えてしまいます。

 

そのぶん赤ちゃんも育っていたと思うし、この状態で初期中絶をするのは赤ちゃんに対してすごく残酷だったなと思います。

 

 

考えてみれば11週目の終わりと12週目の始めって何が違うの?って感じですよね。

 

おそらくほとんど何も変わらないと思います。

 

ほぼ胎児扱いになっていた赤ちゃんを、私は廃棄物として中絶したということです。

 

 

そんな段階まで悩むなら、それまでにちゃんと自分の気持ちを相手に言っておけよ、と今でも自分に対して思います。

 

このブログを読んでいる人には、本当に11週目ギリギリの状態での初期中絶はおすすめしません。

 

後悔ばかりが残るし罪悪感も大きくなります。

 

 

初期中絶できるギリギリまで悩むより、ちゃんと自分の気持ちを相手にしっかり伝えて、どうしたいかを話し合ってほしいです。

 

 

 

お腹の中の命をゴミとして処理した

お腹の中に赤ちゃんがいると、不思議と自分自身の考え方や意識が変わってきます。

 

私はもともと母性があまりないタイプで子供も好きではなかったですが、それでも自分のお腹の中に赤ちゃんがいるんだと思うと愛しいという気持ちになりました。

 

お酒も煙草も妊娠がわかったその日からやめれたし、自分のお腹の中にいる命に対してすごく暖かい感情が芽生えて幸せを感じたのを覚えてます。

 

 

そんな命をゴミ扱いされて捨てられるのはすごくつらかったです。

 

 

ですが、その選択をしたのは自分自身です。

 

彼が中絶しようと言ったから私は選択してない、なんてことはありません。

 

そこで彼に対して反論できなかった時点で、「同意するということを選択した」んです。

 

自分の選択で中絶をして、赤ちゃんを廃棄物として処理してもらったんです。

 

 

罪悪感があるなら考え直してみて

この記事を読んで、自分のお腹の中にいる赤ちゃんが廃棄物として捨てられるなんて嫌だ…と思うなら、もう一度考え直してみてください。

 

中絶をしようと思うのはなぜなのか?本当に中絶しなくてはいけないのか?

 

自分の本当の気持ちはどうなのか?産みたいと思ってるんじゃないのか?

 

しっかり考えてパートナーと話し合ってほしいです。

 

 

産めない理由が、

  • 経済的に厳しい
  • 母親になる自信がない
  • 彼が乗り気じゃない
  • まだ自由が欲しいし遊んでいたい

というようなものなら本当にその選択でいいのか考えてみてください。

 

それって何とかできないのか?改善策はないのか?

 

彼としっかり話し合えば、どうにかなる問題かもしれません。

 

 

中絶する赤ちゃんのことについて調べてこのブログにたどり着くということは、少なからず産みたいという気持ちがあるんじゃないかなと思います。

 

それなら後悔しないように、これ以上ないってぐらい話し合ってから中絶するか決断してほしいです。

 

 

私は自分の気持ちを言えないまま中絶をしてしまって、本当に後悔しています。

 

不安はあるけど産みたいから一緒に頑張ってほしい、と伝えれなかったことを今も悔やんでいます。

 

あのとき産んでたら今どうなってたんだろう…というのは未だにふとしたときに思います。

 

 

ベッドで横になっていて、未だに中絶手術を受けたときの状況が頭の中に思い浮かぶこともあります。

 

そのたびになんとも言えない気持ちになりますが…その選択をしたのは自分だと受け止めて毎日を過ごしています。

 

 

このブログにたどり着いてくださった方には同じような後悔をしてほしくないと思い、いつもブログを書いています。

 

やむを得ない事情で中絶をするのは仕方ないことですが、本当に後悔のないように何度も考えて話し合ってほしいです。

 

もやもやした気持ちのまま中絶をしてしまうと、後悔も罪悪感もずっと残ります。

 

 

 

タグ :    

妊娠初期中絶手術

【経験談】妊娠初期中絶の痛みについてまとめました【正直痛い】

読了までの目安時間:約 9分

 

妊娠初期中絶手術を受ける前、手術時の痛みがどれほどのものなのかとても不安でした。

 

当時は中絶についてかなりたくさん調べました。

 

中絶手術の手順やリスク、実際の体験談など…調べれば調べるほどネガティブな情報が出てきて憂鬱になっていました。

 

特に手術の情報は読んでいるだけで気分が沈むような感じで…怖がらせることばかりあえて書いてるのかな?と思うぐらいでした。

 

 

ですが、正直ネットに書かれている情報ってちょっとオーバーなのかな、と感じました。

 

なので、今回は実際に自分が中絶手術を体験したときに感じた痛みを詳細にまとめてみました。

 

 

妊娠初期中絶の痛みのピークは2回ある

初期中絶手術を受けた際、これ本当に痛い!と思ったピークは、

 

  • 前処置の際のラミナリア
  • 手術後の子宮収縮剤

 

の2回ですね。

 

この2回以外は痛みは全くといっていいぐらいありません。

 

ネットでは手術時に麻酔が切れたとかいう体験談や手術が激痛とかいう体験談もありますが…麻酔が効いていれば寝ている間に全部終わっているので痛みはありません。

 

もちろん、ちゃんと麻酔が効くように前日の食事や水分補給などの指示はちゃんと守るのが大前提です。

 

間違っても、不安で仕方ないから前日寝る前にお酒飲もう!とかはやめてください。

 

麻酔が効かない可能性もあります。

 

 

ラミナリアの痛みについて

ラミナリアを入れた際の感想はこちらにまとめてあります。

妊娠初期中絶手術の前処置~ラミナリアの痛みはどれぐらい?~

 

ネットではラミナリアの痛みは相当やばい!激痛!みたいな感じで書かれていますが…普通に我慢できるぐらいのものなので安心してください。

 

叫ぶほど痛いとか思わず暴れてしまう痛さではないです。

 

 

ですが、痛みはあります。

 

上手く表現できないんですが、今まで感じたことのないタイプの痛みですね…ちょっと変な汗をかきそうになる感じです。

 

ですが、ラミナリアを全部入れてしまえば痛みは和らぎます。

 

入れたあとは鈍痛が軽くあるぐらいです。

 

 

手術後の子宮収縮剤の痛みについて

初期中絶手術自体の痛み・実際の感想についてはこちらにまとめてあります。

妊娠初期中絶手術は痛い?痛くない?

 

中絶手術が終わったら子宮をもとの状態に戻すために子宮収縮剤を投与するんですが…この痛みが相当ひどかったです。。

 

目が覚めたらもう子宮収縮剤を投与されていたようで、最初はぼーっとした感じでした。

 

そこからいきなり激しい腹痛が襲ってきて、痛い痛い痛い!って声に出るほどでした。。

 

 

たとえるなら食あたりのときのような腹痛のひどいバージョンで、無理!トイレ行きたい!って思う感じの痛みです。

 

ちょっと体を丸めてしまうような痛さで、しかも痛みの波が全然引かないという状態でしたね。。

 

痛すぎてナースコールを連打してしまうぐらいだったので…この痛みはなかなかひどいと思います。。

 

 

ですが、あまりにも痛みがひどいと看護婦さんが注射を打ってくれるのであまり不安にならなくても大丈夫です。

 

私の場合はリラックスできる注射しますねーと言われて、しばらくしたら眠くなって寝てました。

 

妊娠初期中絶手術後の痛みはそうでもない

初期中絶手術後の体の痛みは特にないかな、という感じです。

 

腰はちょっと痛くなりますが、生理のときの軽い痛みぐらいな感覚でそんなにつらくはありません。

 

中絶手術後の体の状態も特に問題なく、特に変な痛みはありません。

 

 

私の場合は後遺症として脚の付け根の痛みが残りましたが…これはあまり多くないケースだと思います。

 

そうならないための対策としては、中絶手術の麻酔の際に緊張してガチガチになりすぎないようにするしかないかな…という感じです。

 

ですが、この痛みも2~3年すればだいぶマシになるものなのでそこまで心配はいらないです。

 

また、生活に支障が出るほどの痛みでもありません。

 

 

 

妊娠初期中絶手術は痛いけど耐えれないほどではない

初期中絶手術で痛いポイントは2回ありますが、どちらも持続するものではなくそのときを乗り切れば大丈夫です。

 

手術後も特に問題はなく、運動などはできませんがすぐに普通の生活は送れます。

 

 

ですが、体の痛みより心の痛み・傷のほうが問題です。

 

中絶をしたことは一生忘れることはできないし、つらい気持ちもずっと残り続けます。

 

メンタルの状態は時間が少しずつ解決してくれますが…人によってはすごく時間がかかると思います。

 

私は中絶手術をしてから最初の一年間は本当にメンタルのひどい状態で、うつ病のような感じ・常に情緒不安定という感じでした。

 

 

手術が終わってしまえば体の痛みはなくなりますが、心の痛みは深く残ります。

 

中絶をすると自分の精神状態が悪い状態に変わるかもしれない、ということはちゃんと頭に入れておいてください。

 

実際、中絶後うつ病を発症する女性はとても多いようです。

 

 

不思議なことに今までの自分だったら平気だったことでも悲しくなったり不安になったり…すごく精神がもろくなってしまいます。

 

被害者意識を持ちやすくなってしまうんですかね、人との関係が上手く築けなくなっていました。

 

 

 

中絶手術をする前にしっかり考えてみてください。

 

産みたいけど自信がない…と思うならパートナーにその気持ちを伝えてちゃんと相談してみてください。

 

彼のことを考えておろそうと思っているけど本当は産みたいなら、その気持ちを正直に話してみたほうがいいです。

 

ちゃんと納得できるまで当人同士で話し合わないと、後悔はいつまでも残ってしまいます。

 

選ばなかった未来のことばかり想像してしまって、「あのとき気持ちを言えてたら産めてたかも」とずっと引きずってしまいます。

 

そうなってしまわないように、ちゃんと自分の気持ちに正直になってほしいです。

 

タグ :     

妊娠初期中絶手術

妊娠初期中絶手術は痛い?痛くない?

読了までの目安時間:約 6分

 

また久しぶりの更新になりました。

ここ最近はだいぶ気持ちも落ち着いてきたので、また手術時の事などを振りかえっていこうと思います。
(相変わらず中絶した日が近づくと気分が落ち込むのは変わりませんが…)

 

 

妊娠初期中絶手術をする前に一番怖かったのが手術時の痛みです。

不安で何度もネットで調べていましたが、調べれば調べるほど不安になって…という感じでした。

 

ネットでは
・麻酔が効かなくて意識のあるまま手術された
・途中で麻酔が切れて激痛だった
なども書いてあったので、もし麻酔が効かなかったらどうしよう…という不安がすごく強かったです。

麻酔さえ効いていれば手術は一瞬で終わるので目が覚めたら終了していたんですが…当時すごく怖かった記憶があります。

 

今振りかえると、お腹の子供を中絶するという残酷な決断をしたのは自分なのに怖いとか不安とか自分の事ばかりで情けないし最低だな、と思います。

そこも当時の自分の未熟さだと思います。

 

 

中絶手術当日は、まず術後に休む部屋に連れて行かれ、貴重品などを鍵のかかるロッカーに預けてから手術の準備ができるのを待っていました。
このときに枕元に携帯を置いておいたのを覚えています。
手術後はしばらく動けないので、パートナーや家族にすぐ連絡したい場合は置いておくことをおすすめします。

 

 

準備ができて手術室に行くと台の上に上がり、両脚を開いた状態で固定されます。
このときの緊張感が本当にひどくて、すごく怖かったです。

 

看護婦さんが麻酔をしてくれて、声に出して10数えます。

ネットでは早い段階で麻酔が効いて落ちるという情報があったのですが、私の場合7までは意識がハッキリしていてとても焦りました。
これ本当に効くの?このまま麻酔効かないんじゃないか?と不安でいっぱいでした…。

 

ですが、8を数えようとしたときに急にガクッと落ちた感じになって、目が覚めたら手術は終わっていて休む部屋に連れて行かれているところでした。

中絶手術による痛みは全くなく、あっけなく終わったことに頭がついていかない状態でした。

 

中絶を決断するまでの1ヶ月間憂鬱だった気持ちが不思議と軽くなっていました。
毎日泣き続けたけど終わったんだ…という気持ちと、どこか他人事のようなふわっとした感覚で涙も出ない自分が不思議でした。

 

この時は中絶後の精神的な後遺症なんてないのかもな、と思っていましたが…それが始まるのはまた時間が経ってからでした。

 

 

妊娠初期中絶手術自体は全く痛くありません。

ですが、手術直後は子宮収縮剤による痛みがあります。
私の場合、この痛みがかなりつらくて看護婦さんに注射されたぐらいです。

これに関してはまた別の記事で書きます。

 

初期中絶手術の痛みは怯えるようなものではないですが、決断する前に本当によく考えてほしいです。

それは、何より自分の中に中絶をしたという事実・罪悪感・むなしさがずっと残り続けるからです。

 

中絶手術をして2年経ちましたが、今でも手術室の様子や手術前・手術後の様子、感覚は鮮明に覚えています。
ふとしたときに急に脳裏によぎって、重苦しい感覚になることもあります。

 

そのときのことを思い出すと、自分は幸せになってはいけない人間なのではないかと強く思ってしまいます。
だからって腐ってはいけない、となんとか奮い立たせて前を向くようにはしていますが…中絶をしたという事実は一生消えません。

 

 

人によって中絶をする理由は様々です。
どうしようもない事情で中絶する人もたくさんいると思います。

ですが、再度よく考えてみてほしいです。

 

本当に中絶しなくてはいけないのか?
もう他に道はないのか?
今自分が子供を産んだとしたらどうなるか?

 

しっかり考えて、それでも中絶という選択しかない場合は仕方ないのかもしれません。

 

ですが、私のように迷いを残したまま、パートナーに自分のの気持ちをちゃんと伝えきらずに決断しないようにしてほしいです。

 

手術自体は簡単に終わってしまいます。
ですが、後悔はずっと消えません。

 

中絶をする前にもっとちゃんと話していたら何か変わっていた?
なんで産みたいと言えなかったんだろう?

この気持ちは今もずっと消えません。

今更答えなんて出ないですが、ずっと考えています。

 

私のような中途半端な気持ちで中絶するようなことだけは絶対にしないでください。

 

タグ :   

妊娠初期中絶手術

妊娠初期中絶手術の前処置~ラミナリアの痛みはどれぐらい?~

読了までの目安時間:約 3分

 

妊娠初期中絶手術では、前日に前処置でラミナリアという器具を挿入します。

 

ラミナリアは海藻でできた棒状のもので、子宮口に入れると中で広がって、中絶手術をできる広さまで子宮口をあけることができます。

 

子宮口をある程度まで広げないと中絶手術ができないので何本か挿入するのですが、これがけっこう痛いです…。

 

ピンポイントで鋭い痛みがくる感じなので、痛みに弱い人だと少ししんどいかもしれません。

 

ですが、中絶される赤ちゃんはもっとつらいです…。

そう考えたらラミナリアの痛みなんて大したことはないです。

 

耐えれないほどの痛みではない

ネットや知恵袋でもラミナリアによる前処置の痛みについてはいろいろと書かれていますが、耐えられないような痛みではありませんでした。

 

私がネットで調べたときは、

 

  • 痛すぎて失神した
  • 痛くてラミナリアを入れれなかった
  • 激痛で涙が出た
  • 痛くて暴れてしまって看護婦さんに押さえられた

 

など書いてあったので、どれだけ痛いんだ…とビビっていましたが。。
実際は痛いけど我慢できるぐらいだったので、あまり怖がりすぎないほうがいいかもしれないですね。

 

変に体に力が入ってしまうと前処置もしづらくなってしまいます。
精神的なダメージもあるので難しいかもしれませんが、できるだけリラックスして体の力を抜いたほうがいいです。

 

 

ちなみにラミナリアが入ると何だか下半身に違和感があります。
異物感があって歩きづらいというか、、変な感じです。

 

でも前処置が終わってしまえば、痛みはほとんどないので安心してください。
(個人差はあるようですが、私の場合は軽い生理痛のような鈍痛が続く感じでした)

 

前処置自体も、特に問題がなければ5分程度で終わります。
あまり不安になりすぎないで大丈夫ですよ。

 

タグ :  

妊娠初期中絶手術

妊娠初期中絶手術前日の断食について

読了までの目安時間:約 2分

 

妊娠初期中絶手術の前日は前処置をしてから断食に入ります。

 

初期中絶手術前日の断食ですが、私が手術を受けた病院では0時以降飲食禁止でした。

 

手術当日の空腹と喉の渇きが結構きつかったので、断食の時間に入るまでにしっかりと飲食しておくことをおすすめします。

 

食事内容は特に制限がなかったので、私はお腹に溜まるもの・自分の好きなものを食べました。

(カツ丼とマックを食べたと思います)

 

 

妊娠初期中絶前日の断食の理由ですが、手術当日の麻酔で吐いてしまう恐れがあるからとのことです。

 

体質にもよるとは思いますが、私の場合は0時ギリギリまで水分を摂っていても手術当日吐くことはありませんでした。

 

手術後、少し体を休めて帰れるようになるまで水分は摂れなかったので、断食前に水分補給はしっかりとしておくのがおすすめです。

 

タグ : 

妊娠初期中絶手術

妊娠初期中絶手術を受ける当日に必要な物

読了までの目安時間:約 2分

 

妊娠初期中絶手術を受ける当日に必要なもの(私が持って行ったもの)は、

  • ナプキン(量の多い日用)
  • 生理用ショーツ
  • 髪を縛るゴム

です。

 

ナプキンとショーツは念のため2つずつぐらいあったほうがいいとのことでしたが、私の場合は1組で全然大丈夫でした。

 

髪が長い人は手術の際に邪魔になるので、一つに束ねるためにゴムがあると便利です。

 

中絶手術費用と同意書は前日に前処置をしてもらう際に病院に渡していたので、手術当日はそんなに準備する物も多くありませんでした。

 

用意しておくと便利な物

中絶手術後に、これ用意しておけばよかったなーと思った物は、ペットボトルのお茶or水でした。

 

初期中絶手術後しばらくは麻酔も効いているので、横になってないといけなくて飲食もできないんですが、もう飲食OKとなってもすぐに自分で自販機で水を買うのは少ししんどい感じだったので…。
用意しておけばすぐ飲めたのになーと思いました。

 

病院によっては手術後にお茶と軽い食べ物が出るところもあるようですが、念のためペットボトルの水などを持って行ってもいいかもしれません。

 

タグ : 

妊娠初期中絶手術