初期中絶 経験者

初期中絶経験者のブログ〜私の体験談と中絶してからの日々〜

はじめに

妊娠11週目で初期中絶をしました。


彼氏とは付き合ってまだ2ヶ月、あまりに突然すぎて、世間で言えば「失敗した」形での妊娠でした。

お互いに冷静でドライだという自負があったので、おろすという選択はたやすいと思っていました。

そんなに悩むこともないだろうと。


そう思っていたのに、中絶を決断する1ヶ月間、本当に毎日悩み苦しむ結果になりました。


中絶という行為の重み、悔やんでからでは遅いということ、おろして終わりというわけではないということ。


中絶手術なんて本来経験するべきではないし、安易に「できてたらおろすし」なんて考えるものではないです。

中絶は女性の心と体にものすごくダメージを与えます。

罪悪感、命を殺したという事実、喪失感、これらは深く心に残ります。


避妊もろくにしない安易な行為で、望まない妊娠をする女性が減るように。

もし今中絶手術を考えている女性がいたら、私の体験談で少しでも思うことがありますように。


そう思ってこのブログを作りました。

書けるときに振り返って書いていくので時系列が前後するかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

初期中絶を決めた理由は何?【中絶を決断できない人へ】

読了までの目安時間:約 11分

 

みんなの初期中絶手術を決めた理由って?

 

中絶を決断できないで悩んでいる…。

 

このような気持ちで悩んでいる女性は多いと思います。

実際、私も中絶を決断するまで毎日悩んでいました。

 

今回は

    • 一般的な初期中絶の理由
    • 私が初期中絶を決めた理由
    • 初期中絶を決断できない人へ

をまとめました。

 

初期中絶をしようか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

 

一般的な初期中絶の理由

まず、一般的に初期中絶の理由として挙げられるものをまとめました。

 

性的犯罪などの望まない妊娠・病気により出産できる状況ではない場合は除いた、産もうと思えば産めるけど…という場合の初期中絶の理由です。

 

    • 妊娠するとは思ってなかった
    • 仕事の状況、経済的な状況
    • 付き合いが浅く踏み切れない
    • 親に反対された

 

順番に説明していきます。

 

 

・妊娠するとは思ってなかった

 

避妊が不十分だった場合での妊娠が原因ですね。

中絶をしようか悩んでいる場合、このパターンは多いんじゃないでしょうか。

 

まさか妊娠するとは思ってないので、お互いに覚悟もないし戸惑ってしまいますよね。

この場合、中絶を決断する人も多いです。

 

 

 

・仕事の状況、経済的な状況

 

お互いの仕事・経済的な状況により、出産しても育てていけない…という場合もあります。

これも、まさか妊娠するとは思ってなかったことから起こることが多いですね。

 

そういう行為をしている時点でいつ妊娠してもおかしくないので、今はまだ産めない…という状況ならきちんと避妊をすることが大切ですね。

 

 

 

・付き合いが浅く踏み切れない

 

付き合ってからの期間が浅く、出産・結婚に踏み切れない場合もあります。

この場合、パートナー側が消極的なことが多いですね。

結婚を前提に付き合っていたならまだしも、そうでない場合は男性からすると結婚はなかなかハードルが高いです。

 

また、まだお互いのことを深く知らないので、女性側にもリスクはあります。

いざ結婚してみたら「こんな人だと思わなかった…」となる可能性もあります。

 

 

 

・親に反対された

 

高校生など、学生の場合だと親に反対されてしまう場合があります。

学生同士の場合、産んだとしてそこからちゃんと育てていけるのかという疑問を親が持っても仕方ないです。

実際、10代で妊娠→結婚したカップルですぐに別れてしまう人も多いです。

 

また、10代など若すぎる年齢での出産はリスクが高いともいわれています。

未来のことを考えて、親の立場からすると中絶を勧めることも多いです。

 

 

 

一般的な初期中絶の理由だと、このような感じになります。

ですが、全てに共通して言えるのは避妊がちゃんとできてなかったということ。

 

 

避妊具での避妊の確率は100%ではありません。

きちんと着用していても失敗することもあります。

 

また、避妊具なしで外で出すのは正しい避妊方法ではないのではありません。

一度中絶をした女性でも、きちんとした避妊をせずに再度妊娠→中絶ということは実はよくあるので注意してください。

 

ちなみに、ほぼ確実な避妊方法はピルです。

自分でも服用していてとても高い避妊効果があると感じています。

 

 

私が初期中絶を決めた理由

    • 彼が「産んでほしい」と言わなかったから
    • 付き合ってまだ2ヶ月目だったから
    • 子供を育てるという自信がなかったから
    • 自分の気持ちを言う勇気がなかったから

 

 

私の中絶理由はこんな感じですね。

 

こうやって理由づけていますが、結局は私も妊娠するとは思っていなかったので覚悟ができていませんでした。

 

 

 

・彼が「産んでほしい」と言わなかったから

 

当時は彼の仕事も大変な状況で、気持ちに余裕がありませんでした。

そういう話は妊娠が発覚する前にもしていたので、妊娠がわかったときすごく困った覚えがあります。

 

彼は今まで何度も中絶をさせてきた経験があるということも、妊娠したときに聞かされました。

私の中で、彼がもし望んでくれるなら出産しても上手くいくだろうという気持ちがありました。

 

 

 

・付き合ってまだ2ヶ月目だったから

 

付き合って2ヶ月目で妊娠が発覚したのもあり、踏み切る勇気がなかったです。

これからお互いより理解していこうという中での妊娠で、「まだ早いのでは?」という思いもよぎりました。

 

彼はバツイチだったのもあり、今の状態で結婚して上手くいくのか?すぐに別れてしまったら子供は私が引き取るのか?という不安もありました。

もし別れた場合、1人で子供を育てるという覚悟もありませんでした。

 

 

 

・子供を育てる自信がなかったから

 

もともと結婚願望はほぼありませんでしたが、当時の私は結婚・出産にようやく前向きになりかけていました。

ですが、もともと母性が薄いほうなので子育てに関しては不安しかなかったです。

 

自分自身の精神がまだ未熟なのもあり、子供より自分の自由が大切という気持ちもありました。

 

 

 

・自分の気持ちを言う勇気がなかったから

 

不安要素だらけだったものの、彼のことは本当に好きだったので結婚したいという気持ちはありました。

彼との子供なら産みたいとも思っていたし、妊娠したことに戸惑いはあったけれど嬉しいとも感じていました。

 

ですが彼と話し合った一ヶ月間、私は一度も「産みたいと思っている」と言えなかったです。

後悔はいまだに残っていますが、言えなかったということは何も覚悟できてなかったんだと思います。

 

自分から言えなかった=そこまでの強い気持ちも覚悟もなかった

 

これが答えだと受け止めています。

 

 

 

私が中絶をした理由はこのような感じです。

彼の仕事や状況などもひとつの要因かもしれないですが、いちばん大きいのは覚悟できてなかったことです。

 

出産・育児は軽い気持ちではやっていけません。

ネットで出産のことや育児のことを調べるたびに「私にできるのだろうか?」と不安になっていました。

 

妊娠して初めて、子供が産まれるということの大変さを知ることができました。

 

中絶しようか悩んでいる人は、出産と育児のことも少し考えてみてください。

 

 

初期中絶を決断できない人へ

中絶するか決断できずにいる人は、産みたい気持ちが強いんだと思います。

 

その気持ちを彼に直接話してみてはどうでしょうか。

 

 

もし出産した場合、今までの自分の生活とはまったく違う生活が待っています。

楽しいことは増えますが、大変なこと・つらいと感じることも増えます。

そういったとき、パートナーの協力は必要不可欠です。

 

 

なので決断できずにいる気持ちを話して、相手は妊娠に対してどう思っているのか?ちゃんと話し合ってほしいです。

話すことで彼の考えを聞けるので、産むべきか中絶するべきかもう一度冷静に考え直せます。

 

 

 

また、パートナーだけでなく親にも相談してみたほうがいいです。

こういうとき親の意見は参考になるし、不安材料に対するなんらかのサポートもあるかもしれないです。

 

決断できないぐらい産みたい気持ちがあるなら、ちゃんと相談してみてください。

 

そして、どちらを選ぶにせよ後悔のない選択をしてほしいです。

 

 

 

タグ :  

妊娠初期中絶手術

1 4 5 6 7 8 31